アフリカが向かうところは

ケニアは今、まさに変革の時代。
公立小学校、高校の先生たちのストライキは解決の糸口が見えず、子供たちは家で勉強を続けています。
前大統領時代(2000年以前)に政府と先生たちとの間で結ばれた給料アップの契約が全く実行に移されず、10数年が経ってしまいました。
ケニアでは残念ながらこのような事が日常茶飯事であると言わざるを得ません。
例え契約があっても国はそれを無視し、その場しのぎで事態を解決していくのです。今回の先生たちのストライキに関しては、国民も(私の周りに関していえば)支持している方が多い様な気がします。
先生の給料は払わなくても、教育省の中で何十億円と言うお金が汚職で消えて行きます。
毎週のように新聞をに賑わす汚職問題。
しかし汚職の疑惑があっても、しばらくするとその役人たちは何事もなかったかのように現場に復帰し、真実は揉み消されていきます。一国民、庶民が踏み込める領域ではないとでも言うかのように。

憲法が改正されて平等な、新しい時代の到来への期待があふれ、経済成長率も高いケニアは今、変革の時代に入っているのです。
来年3月には大統領選挙が行われます。
前回の、不透明な選挙結果で怒りを抑えられなかったケニア国民は、現在も政府への不満を募らせて新しい大統領に大きな期待を持っています。
果たして平等で平和なケニアはやってくるのでしょうか?

Posted by 石原 輝

*******************************************************
教育資金のご支援よろしくお願い致します。
MORO教育基金

募金受付口座
ゆうちょ銀行
記号 12130 口座番号 33356821
名義 モロキョウイクキキン

お振込み頂いた方はお手数ですが下記までご連絡お願い致します。
e-mail : moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp
TEL/FAX 0587-54-3857

********************************************************
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2012-09-14 08:39 | ケニアポレポレ便り