<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

New Members Magoso OBOG Club (その3)

今月からセカンダリースクールに進学する新Form1たちと、Carpentry職業訓練生たち。昨年マゴソスクールとジュンバ・ラ・ワトトで小学8年生だった生徒たちです。先輩たちに比べると、まだだいぶういういしいですね(笑)。これから進学、ワクワクしている彼らです。

ニーバとお母さん。ニーバは9人兄弟姉妹の8番目。お父さんは早くに亡くなり、お母さんが薬草売をして子どもたちを育ててきました。お母さんは逆子の赤ちゃんの位置をなおす伝統マッサージ師でもあります。そのマッサージは1回につき70円だそうです。ニーバの兄姉はほとんど高校に行っていません。今月からお母さんの故郷のそばのカーニセカンダリースクールに進学できることになりました。
b0167228_2074941.jpg


10歳のときに大火傷を負ったオモンディ。昨年第一回目の手術を受け、とても元気になってきました。今年から木工の職業訓練生になりました。
b0167228_209287.jpg


左がサミュエルマーティン。木工の職業訓練生になりました。彼はルオの一弦楽器オルトゥの名手でもあります。昨年マゴソスクール8年生を21歳で卒業しました。右はフィリップ先生です。
b0167228_20111181.jpg


木工が面白そうだなとやってみているジョフリーくん。彼はカトリック教会からの支援を受けて、今月からカーニセカンダリースクールの生徒になります。お父さんが亡くなってからお母さんが女手ひとつでがんばって子どもたちを育ててきました。お兄ちゃんはエリックといってカーニセカンダリースクールの生徒です。
b0167228_20122622.jpg


早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-22 20:16 | ナイロビ便り

New Members Magoso OB・OG Club2013 (その2)

今月からセカンダリースクールに進学する新Form1たちと、Carpentry職業訓練生たち。昨年マゴソスクールとジュンバ・ラ・ワトトで小学8年生だった生徒たちです。先輩たちに比べると、まだだいぶういういしいですね(笑)。これから進学、ワクワクしている彼らです。

マゴソOGニューメンバーです。左から、ユニス、リスパ、イボンヌ、ポーリーンアチエン。
b0167228_9351629.jpg


ジェニファー。7人兄弟姉妹の末っ子です。2歳のときに両親とも亡くなりました。3日違いに亡くなったのだそうです。でも優しいお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるので、兄弟姉妹で力を合わせて生きてきました。ジェニファーは幼稚園のときからマゴソスクールで、その後、3年生のときにジュンバ・ラ・ワトトに移動しました。これからマチャコスのカーニセカンダリースクールに進学します。
b0167228_9363411.jpg


おなじみエミテワファミリー。左から、エミテワ(2012年高校卒業、現在はマゴソ教員見習い。)、アタンバ(8年生)、ルワビ(今年カーニ高校に進学)、お父さん(70歳)。
b0167228_9382015.jpg


オディアンボ。ビクトリア湖のンゴーデ島の出身です。5歳のときからお母さん、おばあちゃんに会ったことがありません。貧しい島から5歳のときにキベラスラムに連れてこられて、そこからマゴソスクールにやってきました。いま私たちは彼のお母さんとおばあちゃんを探しています。なんとか見つかって再会できるといいですね。オディアンボが手にしているのは高校の入学許可書です。ものすごくうれしいオディアンボでした。
b0167228_9393812.jpg


早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-18 09:42 | ナイロビ便り

祈りと風コンサート

5月に千晶さん、リリアン、オギラと共にマゴソOB・OGのオドンゴ、ザブロン、ドリスが来日します。そして大西匡哉さんを交えて岡山を皮切りに全国各地でトーク&ライブのイベントを開催します。
5月17日(金)に名古屋で「祈りと風コンサート」の大イベントが予定されています。
b0167228_14333883.jpg

詳しい全国イベント日程は確定次第お知らせします。

お問い合わせは
moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp まで。

MORO教育基金
代表 両角弘夫
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-17 14:56 | イベント

New Members Magoso OB・OG Club 2013(その1)

今月からセカンダリースクールに進学する新Form1たちと、Carpentry職業訓練生たち。昨年マゴソスクールとジュンバ・ラ・ワトトで小学8年生だった生徒たちです。先輩たちに比べると、まだだいぶういういしいですね(笑)。これから進学、ワクワクしている彼らです
b0167228_9371932.jpg


オパニとお母さん。オパニは昨年のKCPE受験で389点を取り、マゴソスクールでトップの成績でした。カカメガ・ハイスクールという国立学校から入学許可が来ました。ですがまだ奨学金がおりていなくてドキドキです。ケニアの銀行が孤児の子どもたちに出している奨学金を申請していますが、オパニはお父さんを腎臓病で亡くしましたがお母さんは生きているので、それだと奨学金が出ないかもしれないと言われています。少しの枠にとてもたくさんの生徒が応募していて、とても狭き門です。オパニは本当だったらもっと点数が取れたはずだけど、お父さんの病気やその後のお母さんの怪我も重なり、困難な中でがんばりました。奨学金がおりることを祈っています。
b0167228_9424767.jpg


マーガレットとお母さん。お父さんが亡くなり、お母さんは子ども5人と孫1人をかかえてがんばってきました。マーガレットは1年生から4年生までをマゴソで、そのあとミリティー二村のジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)で5年生から8年生までを過ごしました。マチャコスのカーニセカンダリースクールに進学します。
b0167228_9472852.jpg


ポーリーンアウィノとお母さん(ママアギー)。
ママアギーはおなじみ、マゴソスクールの給食お母さんです。
b0167228_9481416.jpg


早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-12 09:57 | ナイロビ便り

マゴソOB・OG生来日

5月~6月の来日メンバーが決まりました。皆さん日本各地でどうかよろしくお願いします。タイコの大西マサヤくん、アマニヤアフリカの石原輝くん、私、そしてこの5人と、全部で8人で旅します。珍道中になりそうですね。
前:オドンゴ(マゴソOBOGクラブ会長)
後:左から、ドリス(マゴソファミリーの小さなお母さん)、オギラ教頭先生、リリアン(みんなの大きなお母さん)、ザブロン(マゴソアートクラブ会長)
b0167228_10254784.jpg


早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-10 10:28 | ナイロビ便り

Magoso Carpentry Class 2013

マゴソスクールには木工の職業訓練クラスがあります。家具作りなどに興味のある生徒が参加している他、マゴソスクールの机や椅子、棚などはここで作っています。コクロ村で10歳のときに大火傷を負って体が不自由になったオモンディも、1回目の手術を受けてからこの木工クラスの生徒になりがんばっています。オモンディの一回目の手術費用のためにカンパしてくださった皆さんありがとうございました。いま二回目の手術を待っているところです。こうして服も着れるようになりました。NGOチャイルドドクターの皆様に非常にお世話になっています。皆さんありがとうございます。 —
b0167228_952691.jpg

左から、ジョフリー、サミュエルマーティン、フィリップ先生、オモンディ。

b0167228_971750.jpg

b0167228_992888.jpg

サミュエルマーティンとフィリップ先生。
サミュエルマーティンはルオの一弦楽器オルトゥの名手で、昨年21歳でマゴソ8年生を卒業しました。マゴソファミリーの一員です。今年からは本格的に木工をやります。マゴソ幼稚園のテーブルは彼が作りました。

b0167228_9104342.jpg

昨年8年生を卒業したジョフリー。マゴソOBOGクラブのエリックの弟です。カトリック教会の支援を受けて今年セカンダリースクールに進学します。

b0167228_91140100.jpg

コクロ村出身のオモンディ。一回目の手術後、こんなに元気になりました

早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-09 09:15 | ナイロビ便り

2013年支援生

KCPE結果が出ました。
マゴソは非常に良い成績で、トップは389点、2位は370点(給食のママアギーの娘)でした。
350点を超えたこの2名に関しては、Equity Bank に問い合わせに行き、奨学金の申請をしました。
この奨学金は、キベラの子ども対象のもののようです。
389点はこの地区(キベラを含むランガタ地区)で2位の得点でした。1位は公立小の生徒だったそうです

Equity Bank に奨学金を申請しているオパニという生徒ですが、(マゴソトップの生徒)、
奨学金の許可はまだおりていませんが、学校からのコーリングレターが来ました。
Kakamega High Schoolという名門校です。
この高校は、1914年設立の歴史の古い学校で、もともとはProvincial School でしたが、2012年からNational School に昇格した学校です。
昇格が決定したときの新聞記事が以下で読めます。
http://in2eastafrica.net/kenya-30-schools-for-national-status-upgrade/

マゴソスクールの卒業生で国立学校への入学が認められたのははじめてのケースです。

なんとか奨学金がおりるといいのですが、もしも万が一ですが奨学金が得られなかった場合は、支援方法を考える必要があります。
国立学校はKaani などのProvincial School よりも学費がかなり高く、その点からいっても、私たちが支援することは簡単ではありませんが、なんとか奨学金が得られることを願っています。

さきほどお知らせした奨学金2件のほか、キベラ在住の生徒を対象としたNGOからの奨学金も明日申請することにしました。なので、3件で現在トライしています。

早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-07 10:27 | ナイロビ便り

Magoso Family

★Magoso Family 2013★.
マゴソスクールは学校内に女子寮と男子寮が一部屋づつあり、そこに二段ベッドを入るだけ入れて、家庭に事情のある子ども、病気療養が必要な子ども、家族を失って行き場のない子どもたちが共同生活をしてきました。これは最初はマゴソスクール設立直後(1999年)から、困った状況にある子どもたちが夜になると教室の床に寝るようになったことからはじまり、その後、2005年にはミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトトという子どもの家を作りました。ジュンバ・ラ・ワトトは31名の定員ですので、そこに入りきれない子どもたちや、一時的にでも保護が必要な子どもたちなど、マゴソスクールにはその後もたくさんの子どもたちや若者たちが寝泊りをしてきました。リリアンとリリアンの家族(弟妹、リリアンの夫と子どもたち、叔父の遺児、弟妹の遺児)もマゴソスクール内で生活をしていますので、いわば、リリアンの家族の延長という形で助けが必要な子どもたちがマゴソスクールに住んでいるという形でした。このお父さん役をダン校長先生、大きなお兄さん役をオギラ教頭先生がやってくれています。このマゴソスクールに住んでいるメンバーを私たちはマゴソファミリーと呼んできましたが、今年から、ここに小さな子どもたちの小さなお母さん役としてマゴソOBOGクラブのドリスとアグネスが任命されました。(リリアンは大きなお母さんです。)現在マゴソファミリーは小さな子どもたち15人、若者たち16人、大人6人の合計37名ですが、このうち、昨年末に高校を卒業した若者たち6名は3月からキベラスラム内の長屋に部屋を借り共同自立生活をはじめます。なのであらたに6名の小さな子どもたちが入り、合計21人の子どもたち+10人の若者たち+6人の大人でこの家族を運営していきます。この子どもたちの中には、病気で手助けが必要な小さな子どもたちや、大火傷から手術が必要なオモンディ君も入っています。このホームを運営するために専門の有給スタッフを雇用する余裕はないのですが、みんなで助け合って一緒に生活しています。
b0167228_9305439.jpg


早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-06 09:34 | ナイロビ便り

Magoso OB・OG Club 2013

マゴソスクール卒業生二期生、2012年11月に高校を卒業しました。そして2013年1月から、マゴソスクールで見習い先生&ボランティアとして働きはじめました。幼稚園と小学校での授業、寮の子どもたちの世話、給食の手伝い、音楽・演劇・スポーツ・アートクラブ、など、様々な方面で手伝いをはじめてくれています。にぎやかで楽しいです。よくお話にも出てくるおなじみの面々を写真の中に探してください! ちなみに2011年に高校を卒業した一期生は、就職して働いています。オビリは携帯電話会社、ブリジットは銀行、インバラはショッピングセンターの販売員、メリーは裁縫です。ナンシーはカレッジに進学しました。これからどんどん羽ばたいてくれるといいなと思います。 —
b0167228_9553934.jpg

小学生のクラスを受け持つドリス。
b0167228_9573526.jpg

マゴソOBOGクラブ会長、オドンゴ。
b0167228_959349.jpg

アートクラブ会長のザブロン。幼稚園のお手伝いをしています。ザブロンは台所でもよく働いてくれます。
b0167228_1005079.jpg

オギラの弟のスティーブン。ただいまテストの採点中。
b0167228_1022714.jpg

女子左から、バイオレット、エミテワ、アギー。うしろから手が伸びてるのはトニーです。
b0167228_1042037.jpg

トニーは音楽と演劇の指導に張り切っています。
b0167228_1071549.jpg

給食の大きなお鍋を運ぶところ。
左から、スティーブン、ジョージ。
ジョージのお母さんはマゴソ裁縫ワークショップでパッチワークをしています。
b0167228_1094165.jpg

これから授業に向かいます。ドリス。
b0167228_10103940.jpg

OBOG会長、オドンゴ。

早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2013-02-02 10:13 | ナイロビ便り