<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひまわりを咲かそう

皆さん、こんにちは。
暑くなってきましたが皆さんお元気ですか?
私はこれから沖縄に向かうところです。
ジャクソンさん来日ツアーが終了してからあと、東北を回らせていただきました。
宮城県と福島県の県境で有機農業を営むシンガーソングファーマー「しょんつぁん」や、気仙沼、石巻、南三陸町、藤沢町、女川町などで津波の被害にあわれた方々からもお話を聞かせていただき、ライブもさせていただきました。そして、ジャクソンさん来日ツアーでアフリカグッズを販売させていただいた収益からの応援をお届けさせていただくことができました。出会ってくださった皆様、ご協力くださった皆様、様々なお話を聞かせてくれたり案内をしてくださった皆様、受け入れてくださった皆様、本当にありがとうございました。
被災地は、胸がつぶれるような状態でした。ですがそこで助け合って支え合って乗り越えていこうとされている方々のご様子から、かえってこちらが励まされるような想いでした。
またいろいろとご報告を書いていきたいと思うのですが、まずは取り急ぎ、夏に向けて、「気仙沼市立津谷小学校の子どもたちと一緒に、ひまわりの花を咲かせよう」の呼びかけについてお知らせしたいと思います。

気仙沼市立津谷小学校の子どもたちとは、1年前にはじめて出会いました。
私の友人のしげちゃん(68回ピースボートの乗船者)が、気仙沼市本吉町の大谷海岸でペンションとレストランを経営していて、そこで昨年の春先、近藤ヒロミさんと早川千晶のトーク&ライブイベントを企画してくださったのです。
そのしげちゃんは、近所の小学校で「読み聞かせ」のボランティアをされています。その小学校にもぜひ、と言っていただいて、子どもたちにキベラの話をさせていただいたのでした。
それからあと、今年になり、2月にしげちゃんからメールをいただきました。
この津谷小学校の子どもたちが、私の話を聞いてからあとで子どもたち同士で話し合い、児童会が中心になってキベラスラムの子どもたちを支援するための募金を集めたというのです。だからまた気仙沼に来てください、と言ってくださったのでした。
とても嬉しく思いました。私はぜひ、津谷小学校の子どもたちに会いに行きたいと思いました。
2月下旬から日本に来ましたが、回っていたのは四国や関西が中心でした。東北は遠いからどうしようかな~と思っていたところ、3月はじめにまたメールをいただき、ジャクソンさん来日の際もぜひ来てほしいと言っていただいたのでした。
よし!子どもたちが待っていてくれているならばぜひ会いに行きたいと思って、3月15日前後で行ける時間を作りたいと返事をしようとしていたところで、3月11日に震災が起きてしまいました。

しげちゃんのペンションは海の目の前です。そして津谷小学校の子どもたちが住んでいる場所も・・・
とてもとても心配でした。電話してもつながりません。安否確認のサイトを見ても、不明になっています。とても心配で心配でなりませんでした。

その後、何とか連絡が取れ、しげちゃんのペンションはすべて津波に流されてしまったことを知りました。だけど命は無事だったから、すべてを失ったけれどまたがんばりますと、しげちゃんからのメッセージが寄せられました。

もう絶対に会いに行きたいと思い、今回、6月14日にしげちゃんと、津谷小学校を訪問させていただきました。
しげちゃんとの再会は、涙が出て出て、抱き合ってただただ大声で泣いてしまいました。それからあと、しげちゃんから詳しい話を聞かせていただいて、そして津谷小学校へ。

子どもたちはみんな元気に待っていてくれました。
津谷小学校は、幸い、ちょっとした高台にあり、そのすぐ下までは津波が来たのですが、学校は無事でした。子どもたちもみんな、無事でした。ですが学校のすぐ下のエリアは、絶句するような有様でした。子どもたちの中には家や家族を失った子どもたちもいるそうです。そしてとてもとても怖い経験をしたことでしょう。胸がつぶれるような想いです。
現在、学校の校庭には仮設住宅が建っています。

津谷小学校の子どもたちは、マゴソスクールの子どもたちへの募金を持って待っていてくれました。津谷小学校の子どもたちが地域の人々に呼びかけ、自分たちで育てたひまわりやアサガオからとった種を地域のお祭りなどで販売したり、募金を呼びかけたりして、一生懸命集めたお金だそうです。
そして、募金と一緒に、アサガオとひまわりの種がたくさん詰まった箱をいただきました。すごくすごく嬉しかったです。

私はこの種をケニアに持って帰って、マゴソスクールとジュンバ・ラ・ワトトでも咲かせたいと思いました。
だけどそれだけではなく、もっともっとひまわりの花の輪を広げたいと思いました。
気仙沼市立津谷小学校から出発した、ひまわりの輪です。

なのでこれから大募集したいと思います!
仙台のNPOアマニヤアフリカのみどりちゃんに相談をしました。そうしたら、みどりちゃんがそのプロジェクトの窓口をしてくれるということになりました!
とても嬉しいです。
津谷小学校の子どもたちの想いがたくさん詰まったひまわりの種です。
この花があちこちでたくさんたくさん咲いて、その花を咲かせてくれた人々や子どもたちから津谷小学校の子どもたちにメッセージが送られて来たら、きっと子どもたちも勇気をもらえるだろうと思います。

ぜひ、自分のところで津谷小学校のひまわりを咲かせたいと方はご連絡ください。
そしてできましたら、子どもたち優先で、日本各地の小学校で咲かせることができればと願います。(子どもたち以外にも歓迎です。)
咲いた花からまた種がとれますから、次々と広げていきましょう。
希望者にはアマニヤアフリカのみどりちゃんから種を送っていただき、それから津谷小学校に各自で報告やメッセージをお届けいただきたいと思います。

どんなふうに進めていくか、またみどりちゃんから提案があると思いますので皆さんぜひお願いします。
まずは私が津谷小学校の子どもたちから読んでいただいた作文を、ここに記しますのでぜひお読みください。津谷小学校の校長先生からご承諾いただき、全文を掲載させていただきます。

ひまわりを咲かせたい方、ぜひ、アマニヤアフリカのみどりちゃんにご連絡ください。
連絡先はこれから確認してお知らせします。
早川千晶

●津谷小学校の子どもたちからのメッセージ

私たち津谷小学校では、全校の児童はもちろん、地域の方にも協力を呼びかけ、この(マゴソスクールへの)募金活動を行いました。
特に、地域での夏の行事「マンボウサンバ大会」や9月の祖父母参観日には、募金を呼びかけるだけでなく、学校で育ててきたひまわりや児童会で相談して作ったカードやしおりなどを用意して、募金してくれた人への感謝の気持ちを伝えることもしました。
おかげで思っていたよりもたくさんの気持ちがよせられ、うれしかったです。
そんな中、私たちも震災にあい、いろいろなところから今度は助けてもらう経験をしました。そしてお互いに助けたり助けられたりして私たちは生活していることにも気づくことができました。
これからも私たち一人一人が、自分なりにできることをしていかなければならないと思いました。
一人でできることは小さいけれど、津谷小学校のみんな、地域の方々の協力でできることは、まだまだたくさんあると思います。
今回の募金活動をきっかけにして、さらに私たちのできることをみつけていきたいと思っています。
津谷小学校 6年1組 女子





*******************************************************
教育資金のご支援よろしくお願い致します。
MORO教育基金

募金受付口座
ゆうちょ銀行
記号 12130 口座番号 33356821
名義 モロキョウイクキキン

お振込み頂いた方はお手数ですが下記までご連絡お願い致します。
e-mail : moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp
TEL/FAX 0587-54-3857

********************************************************
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-06-28 21:47 | ポレポレツアー

ジャクソンツアー物販報告

石原輝です。

先日のジャクソンツアーの物販報告をしたいと思います。
b0167228_930290.jpg

会場に並んだ物品

ジャクソンツアー(物販をさせて頂いた会場)

5月21日 広島県広島市 太光寺 和氣殿ホール
5月22日 山口県光市 光市民ホール
5月25日 広島県福山市 福山市西部市民センター
5月27日 香川県高瀬町 農村環境改善センター
5月28日 大阪市 男女共同参画センター
5月29日 愛知県名古屋市 愛知芸術劇場 
5月30日 長野県下伊那郡松川町 メケメケ食堂 
5月31日 静岡県浜松市 クリエート浜松
6月1日 埼玉県鳩ケ谷市 鳩ケ谷市中央公民館
6月2日 東京都千代田区神保町 神保町ひまわり館 
6月3日 東京都江東区森下 森下文化センター
6月4日 栃木県佐野市 佐野文化会館
6月5日 埼玉県羽生市 羽生市民プラザ
6月9日 山形県上山市 クレストンカフェ
でした。

A物販報告

各会場で販売した雑貨は大きく分けて
①ジャクソンの村で作られたマサイグッズ(ビーズアクセサリーなど) 
②マゴソスクールの洋裁教室で作られたグッズ(バックやスカートなど)とビーズ細工
③アマニ・ヤ・アフリカのグッズ(バナナの葉製品や牛骨のアクセサリーなど)
の3種類です。

総売上は1,667,988円でした。
ありがとうございました!

この金額から
①10%をマゴソスクール
②10%をアマニ・ヤ・アフリカ
③10%をジャクソンの村
④10%を東日本大震災支援金
と分配いたしました。(各166,799円)
④の東日本大震災支援金は、6月9日から行われている東北ツアーで被災地を回る際、イベントを開催する場所で求められている物資の購入費とし、残ったお金はアマニ・ヤ・アフリカがお預かりして東北沿岸部へ野菜を運ぶ為の野菜の購入費とさせていただきます。

※当初、アマニ・ヤ・アフリカのブログで、④の東日本大震災支援金は宮城県の公的義援金窓口へ募金する事を発表していましたが、被災地を回って現状を見る中で、緊急性のある支援にすぐにこのお金を使用したいと考え、ツアーの参加者もそれに同意しましたので野菜を購入し、運ぶ為のお金に変更させていただきました事をご報告いたします。

B募金報告

物販を行った会場では、募金箱も置かせて頂きました。
募金箱の種類は①マゴソスクール給食費募金 ②アマニ・ヤ・アフリカ活動費への募金  ③東日本大震災募金でした。

それぞれ集まった金額は
①マゴソスクール給食費募金43,470円
②アマニ・ヤ・アフリカ活動費募金36,961円
③東日本大震災募金 22,996円
合計103,427円
ありがとうございます!

また、募金箱以外でも個人的に東日本大震災へ192,500円の募金を頂きました。
この192,500円と、③の募金はアマニ・ヤ・アフリカがお預かりし、被災地へ野菜を運ぶための野菜購入資金とさせて頂きます。

各会場でイベントを主催して下さった方々、本当にありがとうございました。
ジャクソンは既にケニアに帰国し、皆さんにイベント会場で見て頂いたエナイボルクルム村で牛と共に生きる生活に戻っています。
早川千晶さん、近藤ヒロミさん、大西匡哉君の3名は現在東北の被災地を回っており、明るいアフリカの音楽で、例え一瞬だけでも被災した方が元気になれればと言う想いでいます。

最後に、イベントを主催して下さった方々、各イベントにご来場頂きました方々へ心からのお礼を申し上げます。
b0167228_931932.jpg

仙台(宮城学院大学)のイベント会場にて
b0167228_9314468.jpg

イベント最終日のジャクソンと私

Posted by 石原 輝


*******************************************************
教育資金のご支援よろしくお願い致します。
MORO教育基金

募金受付口座
ゆうちょ銀行
記号 12130 口座番号 33356821
名義 モロキョウイクキキン

お振込み頂いた方はお手数ですが下記までご連絡お願い致します。
e-mail : moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp
TEL/FAX 0587-54-3857

********************************************************
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-06-17 09:33 | ポレポレツアー

ケニアに帰ってきました

ケニアから、石原輝です。

日本ツアーを終えて昨日、ケニアに帰ってきました。約40日間の日本滞在でしたが、短かった?長かった? 
いや、短かったかな。
本当にあっという間でした。日本全国の皆さんに会えた事も嬉しかったですが、地元の友達にたくさん会えた事も嬉しかったです。

震災で決まった緊急帰国だったのですが、実際に訪れた東北の沿岸部の惨状はかける言葉も見つからないほどの物でした。

今回の震災で犠牲になった方々のご冥福を心からお祈りいたします。
これからは東北の方達が一丸となって前へ進まなくてはなりません。
日本全国の方、是非力を貸して下さい。

震災から3か月が経ち、もう大丈夫かのような雰囲気もあります。しかし、まだまだ復興には程遠い状態です。

ケニアに帰って、スタッフに日本の報告をしました。
b0167228_9212689.jpg

ケニアの車窓から①
b0167228_9221016.jpg

ケニアの車窓から②


訓練所は優秀なスタッフのお陰で特に問題無く進んでおり、ホッとしております。

今月末は洋裁の上級コースの卒業式。
それが終わったら次回の基礎コースの準備にかかります。

スタッフ共々、初回の経験を生かして良い訓練所をを作り上げていくつもりでいますので、皆さん、是非ケニアに、アマニの訓練所に遊びに来てください!

Posted by 石原 輝


*******************************************************
教育資金のご支援よろしくお願い致します。
MORO教育基金

募金受付口座
ゆうちょ銀行
記号 12130 口座番号 33356821
名義 モロキョウイクキキン

お振込み頂いた方はお手数ですが下記までご連絡お願い致します。
e-mail : moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp
TEL/FAX 0587-54-3857

********************************************************
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-06-17 09:27 | ナイロビ便り

ドライバー・ボランティア募集

皆さん、こんにちは。
いま私は仙台にいます。(今日は仙台市内でライブです。)
マサイのジャクソンさん来日ツアーは無事終了しました。(ジャクソンさんは無事ケニアに帰着しました。)
各地でお世話になった皆様、イベントに来てくださった皆様、本当にありがとうございました!
おかげさまで、とても素晴らしい出会いをたくさんいただき、実り多いツアーとなりました。
これからまたご報告をお送りしていきたいと思います。
物販で行動してくれた仙台のNPOアマニヤアフリカのケニア側の代表、石原輝君も、今日、仙台を出発してケニアに帰ります。
東北へのご支援や、マゴソスクールの子どもたちおよびマサイのジャクソンさんのコミュニティへのご支援も皆様からたくさんお預かりしました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これから、仙台のNPOアマニヤアフリカを通じてご支援をお届けしていきます。

さて今日は、ひとつ、急なお願いがあり書いています。
以前お知らせしました、6月24日に大阪の富田林市の小学校と中学校に関東からドラマーののなか悟空さんをお招きして演奏をしていただく企画につきまして、関東から関西までの車の運転のサポートをしいてくださるボランティアを求めています。

これは、数年前から私が交流をさせていただいている大阪府富田林市の子どもたちと、ケニアとの交流の一環で、のなか悟空さんを富田林に来て子どもたちに会ってもらいたいと私が願って企画したものです。
困難な状況下でがんばっている子どもたちがたくさんいる場所で、小学校と中学校の先生方がすばらしいネットワークを作って子どもたちのサポートをしています。
生活や人生の状況に様々な困難がありながらもがんばっている子どもたちに、夢や、未来への希望、元気パワーを届けたいと思って、のなか悟空さんに来てもらいたいとお願いしてみたところ、快諾してくれたものです。

のなか悟空さんは、もう20年以上も前に、私が放浪旅をしていたころにアフリカで出会ったドラマーです。ドラムセットをかついで、世界中の様々な場所を旅してきた人です。アフリカではなんと、キリマンジャロのてっぺんまでドラムセットをかついでいき、頂上で演奏をしたという豪快な人。
その悟空さんに大阪まで来ていただきます。(悟空さんは埼玉県蓮田市在住です。)

富田林市の小学校と中学校での演奏は、6月24日(金)の午前・午後です。
そこで今回、お手伝いをお願いしたいのは、6月22日の夜から、6月25日までの間で、関東から関西までの車の運転の往復をサポートしてくださる方です。

6月22日(水)の夜に埼玉県蓮田市の悟空さんの自宅に泊まっていただき、23日の早朝に出発、運転して大阪まで行き、富田林に午後4時ごろまでに到着していただく形です。
そのあと、24日が小学校と中学校での演奏、24日夜に富田林で交流会、25日に関西から関東に向かって移動。というスケジュールです。
申し訳ないのですがボランティアでお願いしたく、食事にかかる経費は自費となりますが、23日と24日の富田林での宿泊は、地元の方に泊めていただく形で準備します。

車は、悟空さんの車で、オートマではなくマニュアル車です。車種は日産キャラバンだそうです。

23日の午後1時半には私は富田林に行っており、そのまま23日、24日とご一緒します。

23日は、午後4時から中学生たちに「わかいち」の案内を頼んでいます。
「わかいち」というのは、元被差別部落で、かつて「差別の門」があった場所です。この地域の方々の多大な努力により、部落解放運動を行い、差別の門を撤去、そしてこの地域の生活改善を行政に呼びかけ、長年の血のにじむような運動に支えられて現在に至っています。
そのような背景があるため、人権教育やそれにまつわる活動も非常にさかんで、この地域の中学校や小学校には熱意に満ちた素晴らしい先生方がいらっしゃいます。
子どもたちも素晴らしい子たちがいて、中学生たちが自主的にいじめをなくすためのグループ「ブリークリーニング」(通称:ブリクリ)を作っていたり、この地域の歴史について学んだりもしています。

この素晴らしい子どもたちとの交流が、私や、キベラスラムのマゴソスクールの仲間たちにもとても力を与えてくれていて、今年は、3月~4月にこの子どもたちの代表が1名、マゴソスクールに来てくれました。
今後さらに交流を深めていきたいと願っています。

キベラスラムでも現在、改良住宅の建設や、スラムの撤去、生活改善のための動きなどが進められていますが、様々な障害があってなかなか思うように進みません。
私は、「わかいち」と出会って、これまで運動をされてきた方々や、人権教育に尽力されている先生方、そして何より、その歴史の流れの中でいまをがんばって生きている子どもたちに出会ったことで、未来に向けての大きな希望をもらったような気がしています。
「わかいち」の歴史を、主に子どもたちに案内してもらい学ぶことになりましたが、今のキベラスラムの、約80年くらい先をいっているという印象を受けました。もちろん、ケニアのスラムと、日本の被差別部落とでは、その背景になっている事情は違いますが、地元住民の努力によって生活が改善されていき、スラムが解体されていった様子を学び、私はその歴史から希望をもらいました。
私が「わかいち」から学んだことをキベラスラムに持ち帰り、マゴソスクールの先生方や高校生たちともディスカッションを行いました。被差別部落をテーマにした小説「橋のない川」の英語翻訳本も取り寄せて、マゴソスクールでみんなで読んでいます。

そこに富田林から中学生もマゴソスクールに来てくれたおかげで、またさらに交流が深くなっています。

このすばらしい子どもたちの今に出会っていただきたく、のなか悟空さんを富田林にお招きするためのサポートを、ボランティアでお手伝いいただけるととても嬉しいです。

23日には子どもたちが彼らの地元をご案内し、24日に小学校と中学校で公演をしたあとは、夜にその生徒のひとり、M君のおじいちゃんの焼肉屋さんで交流会を行います。
人権教育担当の先生や、彼らをサポートしてきた小学校の先生、子どもたち自身なども参加します。(もちろん私と悟空さんも。)

もしも興味があって参加したいという方がいらっしゃれば、私と、悟空さんにCCでメールいただけますと幸いです。

私のメールアドレス
ecotour@gol.com

のなか悟空さんのメールアドレス
nonakagoku@nifty.com

どうぞよろしくお願いします!

のなか悟空さんは先日も、被災地を回ってこられましたが、そのときにも運転がかなり大変だったということで、今回、運転サポートをしてくださる方がいてくれるととても助かります。
そして何より、この子どもたちに出会っていただけると嬉しいです。

ご連絡お待ちしています!

早川千晶


*******************************************************
教育資金のご支援よろしくお願い致します。
MORO教育基金

募金受付口座
ゆうちょ銀行
記号 12130 口座番号 33356821
名義 モロキョウイクキキン

お振込み頂いた方はお手数ですが下記までご連絡お願い致します。
e-mail : moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp
TEL/FAX 0587-54-3857

********************************************************
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-06-13 13:52 | ポレポレツアー

ジャクソンツアー終了

仙台から石原輝です!

5月21日から始まったマサイ族の戦士、ジャクソンとの日本ドサ周りツアーが終了しました。
マサイ族ジャクソンは一人でケニアへと帰ります。

5月21日の広島市から始まり、光市、山口県祝島、広島県福山、香川県三豊、大阪、名古屋、長野県飯田、浜松、埼玉県鳩ヶ谷、東京神保町、東京森下、栃木県佐野、羽生、佐野市あかみ幼稚園、佐野日大中学校と、本当に多くの場所でジャクソン率いるツアーメンバーを受け入れてくださいました。本当に有難うございます。

私は物販隊長として参加し、全ての会場でケニアからのグッズを販売させて頂きました。
どの会場でも皆さんからあたたかい声を頂き、本当に力付けられました。
ジャクソンの村で作られたマサイグッズ、マゴソスクールで作られたマゴソグッズ、アマニの職業訓練所で作られたアマニグッズ全てが大好評でした。

特にマサイ村で作られたグッズは日本ではほとんど馴染みがないものばかりで皆さん珍しそうにしていたのが印象的でした。
ひょうたんで作られた牛乳入れやマサイアクセサリーはケニアの香りがプンプンする状態でしたので、買っていただいた方の家ではマサイの話でしばらく持ちきり(?)ではないでしょうか。

b0167228_10524392.jpg


ツアー最終日の一枚。
左から 大西匡哉君、私、ジャクソン、近藤ヒロミさん、早川千晶さん、永松真紀さん。



今回の物販で得られた収益は
・マゴソスクールへ10%
・アマニ・ヤ・アフリカへ10%
・震災の支援金(野菜等の物資支援)に10%
・ジャクソンの村の貴重な現金収入に10%
を分配させて頂きます。

震災の支援金、各会場で頂いた募金はアマニが責任を持って管理し、現在も行なっている沿岸部へ野菜を届ける活動と、これから被災地を回るツアーでツアーメンバーが直接物資を届ける為に使わせて頂きます。

また、山口県の祝島からは、らんぼう君率いるボランティアと島の人たちが収穫した島特産のビワが17日に被災地に届く事になっています。

多くの方にご協力いただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
少し休憩を頂き、10日からいよいよ東北ツアー開始です。

日程は
6月10日(金)山形県上山市 かみのやま名月荘 19:00~
6月11日(土)宮城学院女子大学学生センター小ホール 14:00~
6月13日(月)仙台市一番町チョロン 19:00~
6月14日(火)気仙沼大谷小学校、岩手県東磐井郡藤沢町レストランあいまき19:00~
6月15日(水)気仙沼半造レストハウス19:00~
6月16日(木)石巻西高校
6月17日(金)気仙沼NPOネットワークオレンジ
6月19日(日)宮城県女川町総合体育館 15:00~
6月20日(月)女川病院


もっと詳しい内容はマイシャ・ヤ・ラハホームページ
http://www.maisha-raha.com/11esummertour.html
をご覧下さい。

私はケニアでの仕事があるので6月13日にケニアに帰りますが、早川千晶さん、近藤ヒロミさん、大西匡哉君の3人が皆さんの所へと伺う予定です。 全国の皆さん、本当に有難うございました!

Posted by 石原 輝



-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

教育資金のご支援よろしくお願い致します。
MORO教育基金

募金受付口座
ゆうちょ銀行
記号 12130 口座番号 33356821
名義 モロキョウイクキキン

お振込み頂いた方はお手数ですが下記までご連絡お願い致します。
e-mail : moro_kyoiku_kikin@yahoo.co.jp
TEL/FAX 0587-54-3857
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-06-09 10:54 | ポレポレツアー