<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジャクソンさん来日ツアー2011について

皆さん、こんにちは。
あらためまして、マサイのジャクソンさん来日ツアーの詳細をお知らせしていきます。
これから決まった順に詳細をお知らせしていきます。

マサイのジャクソンさんは昨年に引き続き、2回目の来日になります。
ケニア共和国リフトバレー州トランスマラ県エナイボルクルム村で、伝統的なマサイ人の牧畜生活を営む、地域の青年リーダーであるジャクソン・オレナレイヨ・セイヨさんを日本にお招きして、自然と調和して生きるマサイの文化や生き様、価値観、現在彼らの自然環境に起きていること、より良い未来に向けての取り組みなどを語っていただきます。
生き生きとした大自然の中での暮らしの様子、知恵、支えあって生きる姿、動物たちとの関わりのエピソードなど、ジャクソンさんの優しい語り口に引き込まれていきます。
また、6年前にジャクソンさんのもとに嫁いだ日本人女性、第二夫人の永松真紀さんは、彼らの暮らしと生き様の美しさを伝え、日本とケニアの懸け橋となり、彼らの自然環境や生活を守るための活動を活発に展開しています。
明るく豪快な永松真紀さん、そしてしっかりと地に足をつけて新しい時代の生き方を作り出しているジャクソンさん、仲睦まじいご夫妻は今の時代ならではの名コンビ。激変していく社会変動の渦の中、より良い生き方を共に模索する同志のような夫婦です。
私、早川千晶がナビゲーター役となり、ジャクソンさん・真紀さんご夫妻からお話を聞き出していきます。
日本とケニアとが繋がり合い、交流していくことで、互いに与えあい、学びあう機会を作っていければと願っています。
ぜひ皆さん、ジャクソンさん・真紀さん夫妻に出会ってください。
永松真紀さんのHP「マサイ村へようこそ!」
http://www.masailand.com/

また、今回は、カリンバ・ムビラ(親指ピアノ)奏者の近藤ヒロミさん(沖縄在住)、タイコ奏者の大西匡哉さん(ケニア在住)、仙台のNPOアマニヤアフリカから石原輝さん(ケニア在住)がこのツアーに参加します。
アマニヤアフリカのHP http://amani-ya.com/
この度の震災で、NPOアマニヤアフリカのメンバーは被災しましたが、東北地方で多大な被害にあわれた方々のもとに支援を届けて回っています。
今回のジャクソンさん来日ツアーでも、収益の一部を、震災で被害にあわれた方々や、被災されて活動に支障をきたしている小さなNPOなどに、アマニヤアフリカを通じて支援を届けていただくことにしています。

また、美しい大自然の写真や、アフリカ中のたくさんの笑顔の写真を提供してくださるのは、大阪の写真家・北川孝次さんです。
http://www.k-egao.org/


大西匡哉&早川千晶のCD・映像制作プロダクション「JIWE」で制作中の映画、「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」の映像の一部をごらんいただきながら、自然と共に生きるマサイの雄大な世界に皆さんをお誘いしていきたいと思います。
また、会場によっては、キベラスラムのマゴソスクールの子どもたちからのメッセージ映像も流したいと思っています。

どうか皆さん、ぜひおいでください!
各地でお会いできるのを楽しみにしています。

全体のツアースケジュールは、マイシャ・ヤ・ラハ基金のHPに掲載していきます。
マイシャ・ヤ・ラハ基金
http://maisha-raha.com

早川千晶

******************************************************

●マサイのジャクソンさん来日ツアー 2011

2011年5月21日~6月6日

★出演:
ジャクソン・オレナレイヨ・セイヨ(マサイ青年リーダー)
永松真紀(ケニア在住添乗員、ジャクソンの第二夫人)
早川千晶(ケニア在住ライター、マゴソスクール主宰)
近藤ヒロミ(沖縄在住カリンバ・ムビラ奏者)
大西匡哉(ケニア在住タイコ奏者)

★物品販売代表:
石原輝(仙台のNPOアマニヤアフリカのケニア事務局長)

★イベント日程
5月21日(土) 広島市
5月22日(日) 山口県光市
5月23日(月) 山口県祝島
5月25日(水) 広島県福山市
5月27日(金) 香川県
5月28日(土) 大阪
5月29日(日) 名古屋市
5月31日(火) 静岡県浜松市
6月 2日(木) 東京(座談会)
6月 3日(金) 東京(イベント)
6月 4日(土) 栃木県佐野市
6月 5日(日) 埼玉県羽生市
6月 6日(月) 栃木県佐野市(学校公演)
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-04-24 14:11 | ポレポレツアー

ナイロビに帰ってきました

皆さん、こんにちは!
昨日、無事ケニアに帰ってきました。
いろいろご心配いただきましてご連絡くださった方々、ありがとうございました。
おかげさまで順調に回復して、とても元気にしています。
急な帰国でしたが、とてもいい時間を過ごさせていただきました。
日本の大変な状況も、その中でがんばっている皆さんの様子もわかって、私たちもまたできることをしていきたいとみんなで話し合いました。
5月18日出発で以前から計画していたマサイのジャクソンさん来日ツアーは予定通り、各地を回らせていただきます。
そのあと、予定を急きょ変更して、被災地の皆さんのもとを回らせていただくスケジュールを組みなおしました。これまで東北の各地で長年お世話になってきた方々が、被災されました。皆さんにお会いしたい、そして気持ちを繋ぎ合わせていきたいと思って、2週間ほど東北を回らせていただきます。
そのあとも以前から予定していた日本ツアーを続けて、7月11日まで日本を旅してまわります。
これからまた各地での詳細をお知らせしていきます。どうかよろしくお願いします!
まだ余震も続く中、また、あまりの被害の深刻さに将来への不安もいっぱいの毎日だと思うのですが、励ましあって支えあって、みんなで明るい未来への道を作って共に歩んでいければと思っています。
ケニアの仲間たちからのメッセージも、たくさん持って日本に向かいたいと思います。
これから出発まで1か月を切りましたが、アフリカのパワーをたくさん充電して、元気をいっぱい連れて日本に向かいたいと思っていますので、どうか皆さん、よろしくお願いします!
日本各地でまた皆様にお会いできることを楽しみにしています。
今回は、九州と北海道には行けないことがとても残念ですが、本州、四国、沖縄を旅していきます。
9月~10月は九州も回りますので、これからまた日本各地でお会いできるのを楽しみにしています。皆さんの近況や想いもたくさんも聞かせてください!

ピカピカのお天気のナイロビより
早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-04-23 17:31 | ナイロビ便り

4月21日まで日本に居ます

皆さん、こんにちは。
私は急きょ、日本にやってきました。4月21日まで日本にいてケニアに帰ります。
今回、突然日本にやってきた理由は、母が倒れたからです。
ところが、母は驚異的な生命力で、めきめきと回復しています。奇跡の回復ぶりで、お医者さんにも驚かれています。
日本に到着して4日たちましたが、刻一刻とめきめきと生命力が充実してエネルギーUPしていく様子をそばで見ています。こちらもすごく元気が出てきました。
看病にきて、かえって励まされるというのも変な話ですね。でもほんとにそんなかんじで、気力と生命というのはほんとにすごいとつくづく実感させてもらっていて、勇気をもらっています。
さっきも日向ぼっこしつつ、母が言いました。まだまだ生きて、これから先、どうなっていくか見たいね、みんながどうなっていくか、時代がどうなっていくか、見たいね。と。
ほんとにそうです。
精一杯生きて、精一杯動きましょう。そして精一杯、今の時代を一緒に作っていきましょう。
あきらめないで、今を生きている私たちがみんなで作っていく今の時代です。
どんな世の中を作りたいのか、どんな世界で私たちの子どもたちに生きてもらいたいのか、私たちの子どもたちにどんな地球を手渡したいのか、その姿をいつもしっかりと思い描いて、そのために自分ができることを精一杯やっていきましょう。
ひとりではできないから、みんなで手を取り合っていきましょう。

日本に到着してからも、続々とご連絡をいただいています。
被災地からの子どもたちを受け入れて、新学期を迎えた埼玉県の学校から、
被災地で、今だからこそ元気が欲しいから来てほしいと言ってくれる方々から、
何ができるか一緒に作っていきたいと言ってくれる中学生から、
ぞくぞくと、連絡をいただいて、すごく嬉しいです。
私も動き回りたいです。今だからこそ、ますます気合い入れて! 
自分の心や体からわきあがってくるエネルギーというのは無尽です。動けば動くほどますます充電してくる(笑) 不思議な魔法のパワーステーションですね。
どうか皆さんこれからもよろしくお願いします。

4/21まで日本にいますので、何かあったらお気軽に連絡ください。
日本で使っている携帯電話の番号 09085300789
いつものメールも見ています。ecotour@gol.com

つらい気持ちになっている方がいたら、どうかいつでもケニアに息抜きに来てください。
違う空気を吸って深呼吸してみると、また前に進んでいける元気が出てくると思います。

これからもつながりあっていきましょう。
手を取り合っていきましょう。

今毎日病院にいますが、人間というのはお互い充電しあえる素晴らしい存在なのだということを実感しています。どうか充電必要な方、アフリカ直結のエネルギーを連れてきていますので(笑)、お気軽に連絡してくださいね。

早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-04-11 13:39 | 千晶のつぶやき

東日本大震災

皆様、こんにちは。
ケニアから早川千晶です。
日本からケニアに帰国後、ご連絡が遅くなり申し訳ありません。
まずは何よりもはじめに、今回の震災で被災された方々に、心からのお見舞いを申し上げます。
皆様がご無事でいてくださることをケニアから皆で真剣に祈っています。
そして、去る2月24日~3月21日に行いました、近藤ヒロミ&早川千晶のポレポレツアーでは日本各地で大変お世話になりありがとうございました。
日本各地で多くの方々にお会いして気持ちを通わせることができ、皆様の素晴らしい活動にも触れさせていただくことができ、とても嬉しかったです。ご協力くださった方々、主催してくださった方々、ご参加くださった皆さん、本当に心から感謝です。ありがとうございました!

さて、日本各地の皆様に、今ご協力いただきたいことがあります。特に西日本方面の皆様、お力を貸していただけないでしょうか。
私が13年間に渡り親しくさせていただいてきて、マゴソスクールがはじまるよりも前から、様々な形で支え続けてきてくださっている、仙台のNPOアマニヤアフリカの皆様が、今回の震災で被害にあわれ、困難な状況下でがんばっていらっしゃいます。
NPOアマニヤアフリカ(アフリカの平和という意味)は、マゴソスクールのお母さん的存在であり私自身にとっても家族同然のお付き合いをさせていただいてきている仙台在住・石原邦子さん(通称、石原お母さん・ママイシハラ)が代表で、東北地方を中心に活動を広げてこられ、ケニアのティカにもプロジェクトを立ち上げケニアのNGO登録もされているNPO団体です。

アマニヤアフリカのホームページ
http://amani-ya.com/

マゴソスクールとジュンバ・ラ・ワトトにとっても、まさに二人三脚で歩んできたと言える、かけがえのない存在です。マゴソスクールの子どもたちは、石原お母さんをお母さん、吉村さんをお父さん、ボランティアスタッフの皆さんをお兄さん・お姉さんと慕い、毎年、ケニアでお会いできるのを心から楽しみにしてきていました。また、ティカで活動されているケニア側の駐在員である石原輝くん・淳子さんご夫妻は、マゴソスクールとジュンバの運営から子どもたちの心のケア、マゴソOBOGクラブの高校進学奨学金など、何から何までをマゴソファミリーの一員としてこれまでの長い間支え続けてきてくださいました。
カテンベ君が腎臓病で死の一歩手前までいったときも、日本側の窓口として支えてくださり、また、2007年末にケニアで大暴動が発生した時にもずっと支え続けてきてくださいました。

今回の震災で、石原お母さんは被災され、近所の小学校の避難所でしばらく過ごされました。現在は、ご長男が勤務されているラオスに一時避難されています。また、他のアマニスタッフの皆様も、ご無事ではあったものの、震災の被害で大変な日々を送られています。

アマニヤアフリカはケニアのティカでハンディキャップグループの支援や、ストリートチルドレンのリハビリテーション活動および子どもの家の運営を行われている松下照美さん(モヨ・チルドレンセンター代表)とパートナーシップを組まれ活動を展開、さらにアマニヤアフリカ独自の職業訓練所も設立したところで、非常に活発な活動を行われてきました。
また、ケニアへのスタディツアーや、仙台を中心とした東北各地でのイベントも主催され、私たちにとって、最も親しくさせていただいてきた方々です。

アマニヤアフリカのこれまでの活動資金は、主に、フェアトレードの物品販売と、会員の皆様からの会費によって支えられてきました。
ところが、今回の震災で、非常に困難な状況にたたされています。
それでも震災後すぐに、アマニの皆さんは様々な動きをはじめられており、まだ生活もままならない中でも、活動を継続させていくために走り回っておられます。
心配して何度も電話していた私にも、かえって励ましの声をかけてくださり、避難所にいる石原お母さんと電話で話すと、むしろ私のほうが元気や勇気をもらうほどでした。
5月~7月に予定している私たちの次回の日本ツアーでも、6月に福島県・宮城県・秋田県を訪問させていただく予定にしていましたが、宮城県では、このアマニヤアフリカの皆さんが、こういうときだからこそ、ぜひみんなでつながりあって、がんばっていく力を得られるための良いイベントを作っていきましょうと言ってくださっています。
(ですが、予定していた会場は倒壊していたり連絡がつかなかったり、とても大変な状況です。)

私は、これまでの13年間、どんなときも、必ず全面的に私を支え続けてきてくださったアマニヤアフリカのために、今、私ができることを最大限、やらせていただきたく思っています。
この厳しい時期を乗り越えていき、これから先も、アマニヤアフリカがさらなる活動を継続し深めていけるように、ご協力いただきたく、ここに私からお願い申し上げます。

幸い、私は日本全国の皆様とつながらせていただいてきて、日本中の各地にご協力くださってきた親しい方々がいらっしゃいます。これまで東北をベースに活動を展開してきたアマニヤアフリカを、いま、他の地方の仲間たちで支えることができればと思いました。

そこで、ケニア側の代表の石原輝くんとも相談をして、私から以下の提案をさせていただきたいと思います。
これなら協力できそうだという方、ぜひご連絡いただけると嬉しいです。
ご連絡いただく際は、ティカ在住の石原輝くん(amanithika@live.com)、および、早川千晶(ecotour@gol.com)の両方にCCしてメールをいただけますでしょうか。
これから先も、また随時、状況報告をさせていただきたいと思いますが、まずは現時点で、アマニヤアフリカ応援団として協力できることをいくつか考えました。
以下に記載しますので、興味がある方はどうかお気軽にご連絡ください!

●アマニヤアフリカ(仙台)応援団になってください。(早川千晶からのお願いです。)

①アマニヤアフリカのグッズ販売のお手伝い。

アマニヤアフリカの活動のメインは、フェアトレードです。
長年、ケニアのスラムの人々や村の人たち、障がいをお持ちの方々などと共に素晴らしい物品を制作され、支援を続けてこられました。
震災後、東北地方ではとても販売どころではなくなりました。資金源がないと、活動が停止してしまいます。
そこで、他の地方の皆さんで、これから春に行われるアースデイなどのイベントなどで、このアマニヤアフリカのグッズを預かって販売してみたいという方がいらっしゃったら、ぜひご連絡いただきたいのです。
仙台から、販売セットを準備し発送し、それを預かっていただいて販売していただき、売れた分だけ精算、残ったものは送り返していただくという方式で、アマニヤアフリカの各地方の出張所になってくださる方、いらっしゃいませんか!
販売の際、売上の一部は、被災地への義捐金とさせていただき、また、一部は販売していただく各地方の皆様の活動資金としていただけるように、収益をシェアできればと考えています。
グッズはすべて手作りの、丁寧に作られた素晴らしい品々で、アフリカの元気をもらえる楽しい物品です。そのクオリティの高さについては私が保証します!
ぜひお願いします。物品から伝えられることも大きいと思うし、何より、人々の息づかいが感じられるとても温かく面白い物品なので、楽しみながらつながりあえると思います。

②アマニファクトリーの会員募集、各地方でのステーションになってください!

アマニ福岡とか、アマニ沖縄とか、アマニ大阪とか、生まれてくると楽しいなぁと思いながら呼びかけます。
ぜひ、アマニファミリーの一員になりませんか。
アマニヤアフリカのフェアトレード活動を支えているのは、ケニアをベースにしたアマニファクトリー、そしてティカに設立した職業訓練所です。
この活動は会員からの会費で成り立っていて、会費は1か月あたり一口500円です。
詳しくはHPもご参照ください。
東北地方以外の各地で、アマニの会員を募ってくれる方がいらっしゃると、とても助かると思います。会員募集のチラシなどは仙台からお送りすることができます。
興味がある方はぜひお気軽にご連絡ください。

③アマニヤアフリカのスタディツアーに参加しませんか?

アマニヤアフリカは毎年、ケニアスタディツアーを行ってきています。(ケニアでは、早川千晶がご一緒させていただいています。)
昨年(2010年)は、画家のミヤケンさんとマゴソスクールとジュンバ・ラ・ワトトに壁画を描くプロジェクトを行いました。とても楽しく、一生の宝物になるようなスペシャル体験でした。
今年も、7月22日日本出発で、アマニヤアフリカのケニアスタディツアー企画があります。ぜひぜひ、このスタディツアーに参加して、実際のアマニヤアフリカのケニアでの活動現場を訪問して交流してみませんか?
そしてもちろん、マゴソスクールも訪問していただきます。ほかにももりだくさんの楽しい旅です。
ケニアと仙台の絆を今までよりもさらに深めて、みんなで元気力UPしていきたいなと思っています。楽しい旅を一緒に作りましょう。

では、皆様からもまたアイディアなどありましたら、おしえていただきたいと思います。
どうかこれからもよろしくお願いします。

私のほうは、突然ですが、明日ナイロビを出発し、日本に向かうことになりました。
これは前から予定していた日本ツアーではなく、今日本に行ってやりたいことがあるため、急きょ決意して、2週間だけの日程ではあるけれども日本に行くことにしました。
訪問させていただく場所の皆様、お会いできることを楽しみにしています。
4月22日にいったんケニアに帰ってきて、その後、マサイのジャクソンさん来日ツアーのために再び5月18日から来日します。
7月11日まで、再び北海道から沖縄まで、日本全国各地を回らせていただきます。
各地でみなさんの想いもお聞きしたいです。つながらせてください。
お会いできるのを楽しみにしています。
まだまだ不安や困難が押し寄せている毎日だと思いますが、みんなでつながりあって、支えあい、困難を乗り越えて、未来へのステップをともに歩んでいければと願っています。
希望を持って、共に歩んでいきましょう。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。

感謝をこめて
早川千晶
[PR]
by moro_kyoiku_kikin | 2011-04-06 22:07 | 千晶のつぶやき